ネット査定で必要なデータ

ネット査定で必要なデータ

インターネット上にある買取店の無料査定サイトや、複数の買取店が参加している無料一括査定サイトでは、車の査定をする前にいろいろなデータを入力する必要があります。

これはその車がどんな車なのかを判断する要素として使われるので正しい情報を入れなければいけません。

間違ったデータを入力して算出された暫定査定額と本当の査定額が大きく異なることがあるからです。

査定サイトなどで必要なデータのほとんどは車検証に書いてあります。まずはメーカー名と車名、これを間違う人はいないでしょう。

ただ車名に関しては車によっては本当の車名とよく呼ばれている通称名が違うことがあるので、正しい車名を入れましょう。

次に年式ですが、これはその車が初めて登録された年のことであって、そのモデルが販売された年ではありません。

よく2014年モデルなどという言い方をする場合がありますが、それは2014年に向けて発売するために自動車メーカーが付けた名前であって、それイコール年式という事ではありません。

意外とあいまいなのがグレード名、グレード名自体が自動車メーカー側が付けたサブネーム的なものなので一貫したものはありません。

特に日産の車はグレード名によって全く違う車となることがあるので気を付けて入力しましょう。

後はボディカラーですが、これは意外と重要なデータで、車によっては色の違いによって大きな差額を生むことがあります。

これ以外にも総走行距離など入力するデータはありますが、あとは実際に車を見てから入力することになります。

 

サイトマップ